スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] | @games | スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

涙が出るほどいい話 

1 :さくら餅2:2005/03/29(火) 21:38:28 ID:L8siUryJ
1 :さくら餅 :04/03/11 16:34
実体験はもちろんテレビや本などで知った話、
涙が出るほどじゃなくても、ジーンとくる話、ほんわか話等
聞かせてちょ。




32 :癒されたい名無しさん :2005/04/13(水) 01:58:52 ID:+CH1UFo/
396 名前: おさかなくわえた名無しさん 投稿日: 2005/04/13(水) 01:14:32 ID:BXzR8I1t
このスレに書いたのか忘れちゃったんだけど、
親戚の叔父さんが末期ガンで余命半年って時に私は知らないで
叔父さんに千羽鶴折ってプレゼントしたら「ありがとう」って言って私に2万円もくれた。
そんなお金が欲しくて千羽鶴折ったんじゃない、叔父さんに元気になってほしかっただけ。
その後、叔父さんはホスピスに入ってしばらくして亡くなった。
でも叔父さんからもらった2万円はどうしても使うことができなくて
お守りとして財布にいつも入れていた。
たまにその2万円を出してみては叔父さんが
「○○ちゃん食べな~これ好きだろ?」って私の好きな物を買ってきてくれた時のこととか
「お母さんに内緒ね~(笑)」って学校帰りに会うと時々お小遣いくれたりとかを思い出して涙してた。
でも涙が出そうになると友達からメールがきたり、家の電話が鳴ったり
「ごめんください~」って誰かが家に来たりすることに気がついた。
これって叔父さんが「そんなに悲しまないで」って言っているのかなぁと思った。



34 :癒されたい名無しさん :2005/04/14(木) 09:35:35 ID:dJrNuaI4
>>32
きっとそうだと思う。
叔父さんにとって可愛かったあなたが悲しむ姿が、一番つらい事なのだろうからね。



85 :1/2:2005/05/24(火) 11:48:07 ID:GS29VMyM
1匹のネコがいました。
ノラネコです。
何か病気にかかっているのか、身体はガリガリでした。
喉が潰れているのか、鳴くことができませんでした。
本来綺麗な真っ白な毛の色のはずなのに、泥でひどく汚れていました。
ある日、母がエサをあげました。
するとそのネコはすっかり懐き、ウチの庭に居座って、エサをもらうようになりました。
ノラのくせにとても人懐っこいので、母は「もしかしたらもともとは人に飼われてたのかもねえ…」と言っていました。
ネコは俺たち家族が玄関の扉を開けるたび、車で家に帰って来るたびに、擦り寄って甘えてきました。
母は「はいはい…」と相手にしていたのですが、俺は白い毛がズボンに付くので「やーめーてー」とネコがまとわり付くのをかわしていました。
時には隙をついて、家の中に何度か入ってきたこともありました。
ウチではすでに一匹ネコを飼っているので、病気が移ったら大変だとそのたび早々に家の外につまみ出しました。
それが大体1年前の出来事です。
俺は実家に帰省するたび「なんだコイツ…」と思ったものですが、じきにそのネコがいることが当たり前になっていました。
前回の帰省(3月上旬)実家から京都へ戻るときも、そのネコに「またな!元気でな!」と挨拶してやりました。




86 :2/2:2005/05/24(火) 11:48:26 ID:GS29VMyM
そして昨日、母から電話がありました.。


その日の朝、そのネコが冷たくなっていたそうです・・・


そのネコは俺が京都に戻った後あたりから、どんどん体調が悪化し、食欲もなく、痩せ細っていったらしいのです。
確かにもともとガリガリで、病気っぽかったのですが、俺はそのネコが死んでしまったという現実をにわかには受け入れられませんでした。
そしてしばらく時間が経って、頭が事実を整理でき始めた頃、たくさんの後悔が俺の頭の中で決壊するダムの様に溢れ出してきました。

ああ、何故もっと優しくしてやれなかったのだろうか・・・
気まぐれで頭を撫でてやった時、ものすごく嬉しそうにしていたあのしぐさが忘れられない・・・
いつだってそのネコはエサよりも何よりも、温もりを求めていたと言うのに・・・

そのネコは一人病気に苦しみながらも、懸命に生き続けました。
逃れられない「死」という運命にあらがい続けました。
苦しかっただろうに、満足に鳴くこともできず、痛みを訴えることもできませんでした。
そんな一生を終えて、そのネコは幸せだったのでしょうか・・・

俺は願いました。
願いというよりも、祈りに近い途方もない願いでした。

もし生まれ変わっても、またウチに来いよ・・・

一匹のネコがいました。
最後まで生きることをあきらめないで、死に逝く運命と戦い続けたネコがいました。
そのネコの名はシロ。
この世で最も汚れなき色の名を持つ、泥だらけの美しいネコがいました。




104 :癒されたい名無しさん :2005/06/01(水) 23:07:52 ID:xa51732T
一つ書かせてもらうよ、
俺は10年ぐらい可愛がっていた犬がいました。
いつも元気で飛び回っていました。人なつっこくとても可愛い犬でした。
ある日いつもの様に仕事に行こうとするとめずらしく吠えながら俺のズボンを噛み引き戻そうとしてきました。
「どうしたんだろ」と思いながらも仕事に遅刻してしまうので俺は手を振り家をでました。
しかしその日の夜帰ったときに犬は固まって横になっていました、あんな元気だったのに死んでいたのです、涙がとまりませんでした
朝、犬が最後にさよならを言ってくれたような気がしました。今までありがとうといってあげたいです




105 :癒されたい名無しさん :2005/06/01(水) 23:14:41 ID:2YiZdgUf
>>104
最近初めて犬を飼ったのですが
お別れの瞬間を思い浮かべると既に泣きそうです。
生き物をかうってやっぱり苦手だ



109 :癒されたい名無しさん :2005/06/02(木) 22:21:06 ID:PNEt0nBD
全米が泣いた



125 :癒されたい名無しさん :2005/06/13(月) 22:22:09 ID:tjEpBSH+
714 名前: 本当にあった怖い名無し [sage] 投稿日: 2005/06/13(月) 19:15:39 ID:vanHGDfv0
まぁ、スレ違いなのだが聞いてやってくれ。
わしには14年間一緒に育った猫(チンチラシルバー:メス)がいた。
とても美しく、可愛くて名前を呼べば鳴かないものの、ひょっこり顔を出して
おいでーってやると隣に座って、しっぽをパタパタしてた。

ある日、歩き方がおかしくなってた。
「あー、そろそろ老衰かねー」とママンと話してた。
ご飯も食べれなくなって、最初はカルカンをゆっくり食べさしていたが、
それも受け付けなくなり、仕方なく栄養剤+ミルクをスポイトで
飲ませていた。
いつも申し訳なさそうな顔をするので
「そんな顔せんでいいよwお前とは親友なんだから」と言ってた。
決まってニャーと返事をしてくれた。

2週間ほど経ったころ、私が出かけようとしたら後ろからふと視線が...。
何かな?と思って見たら猫がいました。とても柔らかい表情でこちらを見てました。
「おいで」と言ったらちょいちょい寄ってきて寄り添ってきた。
でも自分も時間がなかったので適当によしよしして出かけました。
この時、もっと触っていればよかった....。

その3時間後、ママンから電話。
「○○(名前)が今息を引きとったよ....」
え?と思った。確かにもう老衰だったけど、出かける時は元気だったのに....。
急いで帰った。
猫はママン特製のダンボールで作った棺おけに眠っていた。
とても安らかな表情だった。

つづく




716 名前: 本当にあった怖い名無し [sage] 投稿日: 2005/06/13(月) 19:30:45 ID:vanHGDfv0
つづき

「今まで頑張ってきたもんね、ありがとうね」とママンが言った。
私は何も言えなかった。ずっと泣いていた。
次の日、学校を休み、動物霊園へ行った。
お経を読んでもらい、ちゃんとした棺おけに入れ替えた。
「最後のお別れをしてあげてください」
と、お花を渡された。
悲しくて悲しくて、涙が出た。もう枯れるんじゃないのか?って
思うぐらい泣いた。

その時、縁側にいた猫と目が合った。首輪をしていた。
凄く綺麗な黒猫。特に目が綺麗だった。目が合った瞬間、黒猫は去った。
猫と最後のお別れをして、縁側横の居間みたいな所に座ってぼーっとしてた。
ちょうど住職さんが後ろを通ったのでさっきの猫の事を聞いた。
「さっき、縁側に綺麗な黒猫さんがいたんですけど、ここの猫さんですか?」
「え?うちには犬はいるけど、猫はいないねー。」
え?じゃああの猫は何処の子?と思いつつもその時は終わった。

後日、ママンにそのことを話したら
「その猫、ピンクの首輪してなかった?」
「あぁ、そういえばしてたよ。」
「多分...それ、前飼ってた猫だよ。お迎えに来てくれたんじゃない?
優しい子だったからさ」
あぁ、その黒猫さんはうちの猫を迷わないように迎えにきてくれたんだ
と思うと、また涙が出てきた。

長文スマソでした。




129 :癒されたい名無しさん :2005/06/13(月) 23:57:20 ID:dYRxduyo
お迎えの猫ちゃんに感動しました。猫にも「恩」があるじゃないか。(;_;泣けますた。




194 :癒されたい名無しさん :2005/07/07(木) 21:01:08 ID:cNLdyvjG
母親が去年亡くなった。
ある程度覚悟は出来てたから悲しかったけど
泣くことはなかった。うっすら涙浮かべる程度だったかな。
仕事が忙しくて遺品整理をしたのは死後半年たってから。
整理しているとアルバムがどっさり出てきて何気に
開いて見てみた。生まれて初めて号泣したよ。
俺の0歳~結婚式までの写真が日・月・年代ごとに凄い綺麗に
並べられた写真。しかも記念日でもないし、カメラ目線でもない
俺の写真も多かった。写真撮られてるのにも気付いてない写真。
写真自体は古ぼけて汚かったけど綺麗に並べられてた。
結婚したときにアルバム持ってけって言われてたのに面倒臭くて
開きもしなかった。

お袋、ありがとう。




214 :癒されたい名無しさん :2005/07/19(火) 00:46:07 ID:mXHnPhaD
先日駅で見た出来事。
ヤンキーかギャルかわからないような女たちが駅の
改札口前で5~6人でたまっていた。見た目が恐そうなので皆そいつらを避けて
道を歩いていた。俺自身も、そいつらを見て日本の
行き先を不安に感じていた。俺は改札前で待ち合わせ
だったのでそいつらの顔を見ながら時間を過ごすこと
を考え少し憂欝になっていた。しばらくしてその中の
一人の女がいきなり立ち上がった。もしかして俺に
何か文句を言いにくるのか?と思い心臓は破裂寸前
だった。




215 :癒されたい名無しさん :2005/07/19(火) 01:08:05 ID:mXHnPhaD
>>214の続き
心臓が破裂しそうな俺をその女は素通りした。ホッと
している後ろで声がした。
『どこ行きたいん?』

俺は振り返った。ヤンキー女が白い杖を持った小学生
ぐらいの女の子に話しかけている。目が見えない子だ。
『うちら暇やし連れて行くわ』
俺は正直その光景に目を疑っていた。
その後、ヤンキーの二人が少女の手を引き
『やっべー!夏だねー!』などと、少女と会話をしながら
歩いていった。世の中捨てたもんじゃねーな、と感じた。




238 :体験談:姉の部屋に全裸で入る :2005/07/28(木) 13:23:08 ID:WeZ6LYut
姉の部屋に全裸で入るのは本当に簡単なのか?
それを実践してみようと試みたが、うちには姉が居ないのである
代わりといっては何だが兄で試してみた
計画通り、全裸で兄の部屋にアンゲロ、アンゲロとつぶやきながら飛び込む
タンスをこじ開けるがブラジャーなど入っているはずもない
仕方なく酔っ払いみたくネクタイを頭に巻き、トランクスを腕に装着
兄が一度こちらを見たがチャットに夢中で気にされない
兄のベッドに潜りこみ「幸せだから!幸せだから!」と絶叫
だが兄は無視してチャットをやっている まだ不十分
次の瞬間妹が兄の部屋に入ってくる
借りたCDを返すようだったがスケジュール外なので無視
ムッシュムッシュ叫びながら兄のトランクスを履き、半裸で兄に抱きつき
「俺に充電しろ!!俺に充電しろ!!」と絶叫
妹は大泣きで退散 確実に兄に無視される
開脚後転で窓際に近づき干してあったランニングシャツを外し首に掛ける
ゾンビの真似をしながら再び兄に抱きつく
パソコンの画面を見ると兄がチャットに書き込んでいた
「久しぶりに弟に構ってもらってる 何年ぶりだろう? かわいい奴だ」
俺は泣いた




241 :癒されたい名無しさん :2005/07/28(木) 19:48:54 ID:D80A+7FN
>>238
涙が出るほど笑える話だな



242 :癒されたい名無しさん :2005/08/04(木) 13:10:44 ID:cYF4HIgg
>>238
。・゚・(ノД`)・゚・。



355 :癒されたい名無しさん :2005/10/20(木) 23:21:04 ID:MAqQfzqx
中学生にカツ上げをされる、取柄のない俺の昔話を語ろうか・・・
 
 大学時代親友に裏切られ
留年確定した(友人が試験のノートを貸してくれず見殺しにされた)

そして、俺は退学届けを出した
友人だった奴に嘲笑されたくなかったし、学費がもったいないし
大した大学でもなかったから

そこで俺は声優になるため、そして強くなるためという2つの理由で上京した。

裏切った奴は合気道の有段者
俺はそいつに勝つため骨法という格闘技を学ぶため
そして、夢である声優の養成所に入るため上京した

声優の養成校ではすでに高齢組になっていた
なれるのはごく一部だったが、マジメに出席した
一方の骨法道場は毎回筋トレなどをし、ナンセンスな練習をしていた
を見ればわかるかもしれないが
俺には全く遭わなかったのでたった2ヶ月で辞め
声優は最初のオーディションの1次で堕ちた

その頃、堀江モンが近鉄買収やら起業の成功話を聞いて
地元に帰り実家の電器店を継いで大きくする事を決意

店の改装の資金が必要なため借金をしたが
俺の才覚で億の金を手に入れ
裏切った友人を平伏させるとマジで思っていた

・・・・借りた相手には闇金融も入っていた

俺が参考にした本が出鱈目だったのか
俺がバカだっただけか
おそらく両方だろう、客は全く来ない
来ても顔見知りが蛍光管を買っていくだけだった・・・

借金の利子が異常なほど膨れ上がり
どうにもならず結局、店舗兼自宅を売却することになった

親父もお袋も弟も泣いていた
弟は荷造りして、どっかへ行った
その先は今も知らない。ダメな兄貴を見捨てたのは解った
正常な判断だ

俺は・・・・荷造りの中、以前俺を裏切った友人のノートのコピーを見つけた
俺が居た大学の学部は法学部
利息制限法と暴対法が詳しく書いてあった・・・
俺は何を学んで生きていたのだろう
自分に初めて悲憤という感情が沸いた

そして先週俺はまたカツアゲに遭った
格闘技も中途半端だったなあと殴られながら思った

ただ、上京して希望が溢れ、当初だけだが楽しかった
自分が好転するんじゃないかって・・・根拠のない自信だったけどね
声優にもなれなく、格闘技も修められなかったが
あの街に俺は居たんだというのが
俺を時折奮い立たせて・・・いや、地元で地道にバイトでもしとけば良かったけどさ




357 :癒されたい名無しさん :2005/10/21(金) 03:51:53 ID:s9GXA0vG
〉〉355
今は後悔してるかも、しれないけど、貴方が上京して頑張っていたってのは、自分にとって、とびきりの時間だったんだろ、何も形として残らなかったかもしれないけど自分で頑張った事は絶対に忘れちゃいけない、0が0に戻ったと思って又頑張って下さい



358 :癒されたい名無しさん :2005/10/21(金) 06:10:48 ID:KyWxnGnM
>>355物事の見方考え方全てにあまりにも甘すぎだなって思いました。でもそれを経験したあなたは何も経験しなかった人よりもずっと価値があります。涙が出るほど辛い話でしたね。これからも頑張ってください。



429 :癒されたい名無しさん :2006/01/15(日) 08:39:49 ID:lN+/PpA2
1月某日秋田県JR角館駅での出来事
「こまちの遅れを申し上げます。田沢湖駅にて信号が切り替わらない…」
これからそれぞれ都会生活へ紛れ込む為戻ろうとする乗客達は
分かりきった連絡アナウンスと外の大雪を眺めながらただただ閉口していた。
「皆様信号が復旧致しましたので、まもなくこまちが発車致します。」
その時駅員がホームへ走り発車しようとしているこまちへ向かって手を挙げ駆け出した。
中年の女性を乗せる為新幹線であるはずのこまちを停めた。
私の近くに居た愛知からスキーを楽しみに秋田へ来た男女が苦笑しながら言った。
「新幹線を手挙げて停めとるがな、秋田は新幹線までローカルになっとんのやな、名鉄じゃあこうはいかんがね」
次のローカルな新幹線こまちに乗る為新幹線を待つ乗客達の中の一人が友人を見つけたらしい。
声を挙げた。
「〇〇さん!」
「おぉ~〇〇おめぇも帰って来てたの?」
茶髪の若い女の子二人が角館で久し振りの再会を果たした。
「こまち何号で帰るの?」
「うちの新幹線運休なっちまった~」
「マジで?じゃあ私のこまち次の奴だから一緒に行こうよ」
「乗れればね…」
背の高い茶髪の女の子が周りに居る多くの乗客を見渡し溜め息をつきながら言った。
「じゃあ私の指定席に座っていけば良い」
「いいって、〇〇が座れないじゃん」
「大丈夫、私どうせ東京で乗り換えて愛知に行くから〇〇が座ればいいよ」

ローカルな新幹線の指定席を譲ろうとする彼女に私は心が温まった。
新幹線を簡単に停める事が出来る優しさ、友人に向かい躊躇いもせず席を譲る事を提案出来る優しさ。
またこの土地の優しさに触れる為私は秋田へ来るだろう。

席を譲ると言った彼女が小さく独り言を吐いた。
近くに居た私には聞こえた。

「私の戻る場所は愛知、私の帰って来る場所は秋田」

涙が出た。




445 :癒されたい名無しさん :2006/01/18(水) 03:22:58 ID:XIF2CF12
ムサシ

俺と18年間過ごした雑種犬。
言うことも聞かないし犬らしいリアクションも少なく、ただただ所定の場所に座り行き交う人を睨みつける。
当時は本当に不安になって獣医に耳が聞こえてるか検査に連れて行ったくらい。

愛嬌というものが皆無でお手やおすわりも覚えなかった。
ムカつく犬だったなー。「ムサシ!」って読んでもシカト。「おい!」って軽く小突いてもシカト。散歩とメシの時は目を合わせずに尻尾だけ振ってるし。

だからあいつが病気になって入院した時はスゲー不安だった。
痛がったり苦しがったりのリアクションを先生にわかるかな?とか辛くても空中睨みつけるだけで我慢してんじゃないのかな?とか考えてたら眠れなかった。
病気のせいで記憶障害起こしてる可能性があるって医者から聞いた時、目の前が真っ暗になったよ。
生まれた時から一緒だった俺の事も忘れてんのかなって思うと怖くて仕方がなかった。




446 :癒されたい名無しさん :2006/01/18(水) 03:36:35 ID:XIF2CF12
もう助からないってわかって、せめて最後は自宅でゆっくりさせてやろうって事になって、俺が病院まで迎えに行った。
おそるおそるムサシの檻に近づいて、我ながら頼りねーって思うくらい情けない声で「ムサシ…」って呼んでみた。

そしたらさ、横になってゼェゼェしてたムサシがゆっくり体を起こしてくれたんだよな。
それだけじゃなくて、俺の方に近づいて声にならない声で、口パクだったけど「ワン」って吠えてくれた。

もう今まで堪えてた涙がそこで一気に溢れた。
ムサシに泣かされたのはそれがはじめてだった。

それから3日くらいでムサシは息をひきとった。
ホントムカつく犬だったなー。学校の同級生にも親にもあんなに泣かされた事ないっての。
俺のはじめての友達で兄弟だった。




447 :癒されたい名無しさん :2006/01/18(水) 10:35:15 ID:dXMfZWBW
>>445-446
最後の一行が泣ける。



449 :癒されたい名無しさん :2006/01/18(水) 23:28:42 ID:Ojzw6S1+
446
泣いてしまいました
うちにも15年になるワンコがいるので、余計泣きました




534 :癒されたい名無しさん :2006/02/26(日) 22:07:56 ID:YQ7GefbE
私の話を聞いてください。
2年前父方の祖母が亡くなりました。
祖母には5人の息子と3人の娘がいました。そのうちの長男が私の父です。
父は温和で争いごとを嫌い外見は弱弱しい感じです。年々歳をとり、今では孫もでき立派なおじいちゃんです。

祖母は年々弱っていて入退院を繰り返すほどでした。
退院したとしても家の中で寝ているばかりで一緒に暮らしているのに祖父が面倒を見るわけでもなく大抵の時間を一人
ですごしていたそうです。

私は昔から祖父、祖母ともに会う機会がありませんでした。
というのは祖父が気難しい人で息子、娘との仲が悪く家に行くこともなく育てられていたからです。
祖父は頑固で孤独な人でした。祖母が亡くなるまで2回しか会ったことがありませんでした。
ただ覚えているのは仕事一筋のおじいちゃんということだけです。顔もすぐに思い出せないくらししか記憶にないのです。



535 :癒されたい名無しさん :2006/02/26(日) 22:09:06 ID:YQ7GefbE
祖母の体調は思わしくなく入院をするたび「長男の嫁だから・・・」と母が看護にあたっていました。
私は何回かそれに付き添い、祖母の変わりように毎回愕然とするものでした。
お見舞いに行くと必ず「大きくなったねぇ」と、か細い声でつぶやくのです。
祖母なりの配慮だったのでしょうか、行くたびに千円札を握り締め「少ないけどこれで何か買ってね」
と笑顔で渡すのです。私は毎回行くたびお金をもらうなんて悪いと思ってお見舞いに行く回数を
段々減らしていきました。それから次に会うまで3年の月日が流れました。
その間に祖母は入院生活を過ごしたり、家に戻ったりいつも一人でした。



536 :癒されたい名無しさん :2006/02/26(日) 22:09:40 ID:YQ7GefbE
祖母の体調はますます悪くなる一方で、もう家に戻れない状況になったとき私は長い間しなかったお見舞いに行きました。
ICUに入り変わり果てた祖母の姿は無惨でした。チューブが何本も体に入っていて酸素マスクや心電図が祖母のまわりを
取り巻いていたのです。祖母はやせ細り、腕には何本も打たれた注射や点滴の跡で青紫の斑点がいくつもありました。
もう自分では話す力もなく、医者からは峠が近いというのを聞かされました。
久しぶりに見た祖母をそばに私は何をすることもできませんでした。できたのは手を握るくらいですが反応もありませんでした。
あいかわらず祖父、兄弟は見舞いに来るわけでもなく看護は父、母が行っていました。
祖母はICUから出れるまで奇跡的に回復し、自分で話すことが少しできるようになりました。
その頃私は医療系の専門学校に入学してちょうど1年がたつ頃でした。
私の進学をその日に知った祖母は「学校・・・頑張ってね」と弱い声で言ってくれました。私は「うん、頑張る」と握手をして祖母に誓いました。



537 :癒されたい名無しさん :2006/02/26(日) 22:10:19 ID:YQ7GefbE
容態が急変したのは次の日の夜でした。
私は母とともに急いで病院に行きました。
目に飛び込んできたのは祖母の周りに今まで一度も現れなかった兄弟たちがいました。
「おじいさんより長生きするんちゃうのー?」と笑いながら耳元でささやいたり祖母のベッド端に
腰掛けたり財産分けの話が生死をさまよっている祖母の周りで飛び交っていました。
・・・愕然としました。よくこんなときに平気な顔で笑ったりなんかして・・・
私は怒りを覚えながらも祖母のそばに行き手を握り締め「おばあちゃん」と声をかけるのです。
声をかけるたび心電図の値がよくなるので何度も声をかけました。
祖父もようやくかけつけるも祖母のそばに行くわけでもなくただじっと遠くで見ているだけでした。
状態が一応安定したので次の日に学校がある私と仕事のある兄は帰るように促されました。
私も兄も帰りたくなかったのですが仕方なく帰るしかありませんでした。
ただただ、祖母が無事でありますように・・・と願うばかりでした。




538 :癒されたい名無しさん :2006/02/26(日) 22:11:20 ID:YQ7GefbE
家に帰ってすぐ電話がありました。
「亡くなったよ」という知らせ。
私たちが帰ってすぐ亡くなったそうです。あまりに悲しい最期でした。
葬儀では悲しくも財産の話や祖父に急に優しい態度をとる兄弟たち・・・全てが重くのしかかってきて
母は連日の疲労で倒れてしまいました。やはり長男の嫁という考えがあり、ずっと見守ってきたのは私の母だけでした。
棺おけで安らかに眠る祖母の顔は優しく、苦しいときのあの顔はありませんでした。
私はずっと泣いていました。あまり祖母との交流はなかったにもかかわらず会ったといえばお見舞いだけですが、行くたびの
祖母の嬉しそうな顔が忘れられなくて。祖母は小柄で笑顔がとてもかわいくて優しかった。大好きでした。

遺品の整理で家に行ったとき祖父は祖母の物を全て「ゴミ」としていました。
もう祖母の物はありません。高価なものや価値のあるものは全て女の兄弟が勝手に持って帰ったそうです。
私は祖母の存在がなくなってしまうのが怖くてゴミ袋の中からガラスのキレイな箸まめを見つけました。
祖母が使うはずだった箸まめを私は祖父に見つからないようこっそり持って帰ってきました。



539 :癒されたい名無しさん :2006/02/26(日) 22:11:59 ID:YQ7GefbE
祖母がなくなって1年、私は学校のことで悩んでいました。
毎日の実習が辛く辞めてしまいたいと思うようになりました。友達には相談しましたがやはり私は我慢できませんでした。
そんなときいつも思うのが祖母に声をかけてもらった言葉と箸まめ。祖母を裏切るようでなかなか決心がつきませんでした。
もうボロボロになり、私は結局学校を辞めてしまいました。
学校を辞めてからすっきりはしたものの祖母との約束を果たせなかった自分が情けないと感じるようになりました。
お墓に幾たび「ごめんね」と謝っている自分がいました。

現在、祖父が体調を崩しており、家で限られた人数の兄弟が交代で介護しています。
私は祖母に孫として何もできなかったことを後悔しています。
きっと何かできたはずです。
今介護職員として働いている私はちょくちょく顔を出し祖父の介護をしています。
頑固なため父の介護には拒否しますがやはり孫だからか私には素直に応じてくれるときがあります。
私の姉の娘、息子が家に来たときにはしゃべりっぱなしだったそうです。

老人は一人のときとてもさびしそうな顔をします。
そんなとき自分には何ができるのか考えてください。
少し話すことだけでも嬉しいのですから。きっと笑顔になります。


長文すみませんでした。
これを書いてるとき思い出して涙が止まりませんでした。
でも箸まめをみると元気になれます。
ありがとうおばあちゃん。



540 :癒されたい名無しさん :2006/02/26(日) 22:26:53 ID:c9toLuIx
>>539

泣いた。



543 :癒されたい名無しさん :2006/02/27(月) 01:00:25 ID:OyrAeb4c
>>534->>539
優しい方ですね。涙でました…すごく反省させられます。



544 :癒されたい名無しさん :2006/02/27(月) 01:29:21 ID:OyrAeb4c
ここのスレをいくつかよんでかなり泣きました…よんだ後なぜか温かい気持ちになれるし頑張ろうって勇気が湧いてきます。本当に感動できる話をありがとう。




悲しいとき
悲しいとき
posted with amazlet on 07.05.06
いつもここから
扶桑社 (2001/08)
売り上げランキング: 159904
おすすめ度の平均: 4.5
5 心にのこるような…
3 悲しいけど笑える
5 最高
スポンサーサイト

 
[ 2007/05/06 ] | @games | スレ紹介 | TB(-) | CM(0)


過去に紹介したスレ



コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。