スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] | @games | スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

クラシックで喰ってる人ってなんか給与低なんだね 

1 :名無しの笛の踊り :2007/01/19(金) 17:06:38 ID:rHlEdepU
NHKでやってたけど、年収200万円って!
バイトもするなんて




3 :名無しの笛の踊り :2007/01/19(金) 17:11:56 ID:mXFbqgrQ
そのNHKが持つ放送オケの給料は年収ウン千万という矛盾



4 :名無しの笛の踊り :2007/01/19(金) 17:12:25 ID:wBFeKJKL
当たり前だろ。そんなの。まぁ中にはかなりもらっている人いるみたいだけど・・・・。
200マソって関西フィルじゃね?
誰か日本のプロ桶の給料の情報頼む・・・・。できれば海外のプロ桶も。



5 :名無しの笛の踊り :2007/01/19(金) 17:32:14 ID:HAnfa1iD
好きでやってるんだから、いいんじゃないの。

 

15 :名無しの笛の踊り :2007/01/20(土) 00:20:31 ID:K6MPH+Sp
関西フィルの給料ってフリーター同然だな。やっぱ日本じゃ芸術をやることが難しいのか・・・・。本当は芸術や文化は国が保護すべきなんだがな。



16 :名無しの笛の踊り :2007/01/20(土) 02:32:46 ID:IWvfzxQ1
西洋古典芸術なんだから、それほど手厚く保護する必要はない



22 :名無しの笛の踊り :2007/01/20(土) 12:34:10 ID:jkeWgFKK
しかし供給してる演奏の質からすれば200万でももらいすぎだろ・・・
ロンドン交響楽団の首席でも600万円程度だって話もあるのに




23 :名無しの笛の踊り :2007/01/20(土) 13:58:13 ID:t5L0/aDz
>ロンドン交響楽団の首席でも600万円程度だって話もあるのに

うひゃ~。



30 :名無しの笛の踊り :2007/01/20(土) 15:27:23 ID:K6MPH+Sp
>>22
イギリスの楽団は自主運営が多いしね。やっぱしっかりしたスポンサーがないとやっていけない罠。
聞いたんだが、フランスの楽団はほとんど国立なんだとか・・・・。
結局音楽家はスポンサーなしには難しいってことだ。



54 :名無しの笛の踊り :2007/01/21(日) 23:20:37 ID:Qb17iRRY
のだめ家は大変だよな



57 :名無しの笛の踊り :2007/01/22(月) 11:40:52 ID:GZCgfVwU
家族一家が音楽家ってこともあるだろ?



58 :名無しの笛の踊り :2007/01/22(月) 11:43:56 ID:Ar6wuChF
>>57
つ ここは日本



59 :名無しの笛の踊り :2007/01/22(月) 19:51:26 ID:GZCgfVwU
そうだ!ここは日本だ!!!
結論:日本でクラシックで食おうとすることが間違っている。



64 :名無しの笛の踊り :2007/01/23(火) 00:20:22 ID:KBBPEQyf
日本という国は、芸術家や研究者にとっては生きにくい国なんですよ。



76 :名無しの笛の踊り :2007/01/24(水) 09:37:37 ID:Sijh5pVS
この前テレビでどっかのバレエ団のプリマの人が出てた
公演のギャラは一回1万とか
主な収入は子供にバレエ教えて月に15万だって(´・ω・`)




77 :名無しの笛の踊り :2007/01/24(水) 18:52:54 ID:wPwD9hT6
>>76
芸術って金かかるけど、金になんねぇな・・・・。



101 :名無しの笛の踊り :2007/01/25(木) 18:59:37 ID:PtTQxBN+
もう少し、良い生活ができるようにしてあげて欲しいね
聴く側の意見です



112 :名無しの笛の踊り :2007/01/26(金) 00:51:17 ID:IUyj17JD
チャイコフスキーも大富豪のフォン・メック夫人の援助で
生活していたようなものだし、
一流の芸術家が生まれるにはかなりのカネが必要だ。

日本のオケの待遇を改善する。
優秀な若手音楽家に対する奨学金制度を充実させる。
結局、カネなんだよね。
アンサンブル金沢も、良い条件で優秀な奏者を雇用したり、
新しくホールを作ったりして、
県の財政を逼迫していると非難されているという。



113 :名無しの笛の踊り :2007/01/26(金) 07:35:39 ID:1J8rQR39
N響 1000万円(平均年齢45,3歳)
読売日響 767万円(43,6歳)
都響 733万円(45,5歳)
関西フィル 220万円(40、9歳)
山形交響楽団 383万円(38,2歳)

日本音楽家ユニオン2003年調査




114 :名無しの笛の踊り :2007/01/26(金) 07:38:36 ID:p78E/U92
↑(T_T)



115 :名無しの笛の踊り :2007/01/26(金) 08:03:26 ID:IUyj17JD
>>113
N響の生演奏を聴いて、
そんなにいいと思ったことはあまりないのだが・・・。
まず、しょうもないミスが多い。
去年の「悲愴」なんてヒドすぎる。
第1主題の提示でズレまくるってどういうことよ・・・。
でもN響の定期会員は甘い客が多いから、
何でも大拍手するので、オケが甘えてしまうんだよね。



140 :名無しの笛の踊り :2007/01/27(土) 13:21:47 ID:iZBmT91u
今は
貧乏で一般高校のブラバンで必死に練習→芸大入学→オーディション突破
でプロになれる時代じゃないからな。コネ獲得だけにでも何千万円も投資がいる。




145 :名無しの笛の踊り :2007/01/28(日) 00:47:22 ID:JBaJpWkt
日本の音楽家はかわいそうだな。数少ないプロの道を開けたはいいけど、給与がなぁ・・・・。成功者なのに。
音大出てプロになれずに、他の一般職に就いた方が給与高いってのが哀れだ。



146 :名無しの笛の踊り :2007/01/28(日) 01:10:46 ID:x1iFI+X8
アンサンブル金沢の団員の給料がいいという話を聞いたことがある。
しかもアンサンブル金沢のためにクラシック専用の大ホールを作ったとか。
ミンツやらツェートマイヤーやら、
有名演奏家をよくゲストに呼んでいるし、
かなりカネがかかっていそうではある。
芸術活動に理解がある土地柄なので、
カネをかけても県民の理解が得られるということか。



147 :名無しの笛の踊り :2007/01/28(日) 01:20:47 ID:uh4gpBmC
>>146
>芸術活動に理解がある土地柄なので、

そうなのかなあ?中央から離れた文化的には後進県だと思うけど?
少なくとも理解がない県民のほうがはるかに多いだろうね。



148 :名無しの笛の踊り :2007/01/28(日) 01:29:26 ID:he0Rcq3D
どのくらい理解があるかは、年間のコンサート数とかで
量れるでしょう。もちろん人口なども勘案して。



149 :名無しの笛の踊り :2007/01/28(日) 01:44:42 ID:5cnr6PWi
俺はある、ニューヨークの外資系投資銀行に勤めているが、初任給は2000万。
でも、年収200万のプロの音楽家がうらやましい。
かれらは音楽と言う精神的に最高なものを営んでいるのだから、それは数字では表せないが、
ものすごい報奨をもらっているのと同じだ。

おれはプロの音楽家になれなかったなぁ。。。。



151 :名無しの笛の踊り :2007/01/28(日) 02:21:37 ID:IcicjvJ0
>>149は、上昇至高の高そうな田舎娘を嫁に迎えた挙げ句
切り刻まれないように気をつけて~



152 :名無しの笛の踊り :2007/01/28(日) 02:32:51 ID:td//LVQ2
金沢は芸術に理解なんかないよ。
定期公演はガラガラだし、殆どの客が開始5分から最後まで寝てる。
岩城ちゃんが頑張ってた時代にファンは増えたがここ最近は下火。
モーツァルトと邦人作品ばっかでクラヲタも飽きてる。

静かな楽章の時にそこらじゅうから聞こえてくる、熟睡中の客の膝からパンフレットが落ちる音が名物



178 :名無しの笛の踊り :2007/01/28(日) 21:34:33 ID:QQZ0N9dR
音楽大学や、女学院の音楽選択コースなどの講師にはけっこう上手いのがいます。
コンクールの入賞者か、縁故関係しか入り込めないが、もともとこういう人たちは
上流クラスの出身が多いから、親の助けもあって結構たのしくやっていますよ。

講師クラスはなんらかの形で練習部屋付きの持ち家があるのが条件ですが、
交際上手なら何とかなります。

今日も東京、大久保の小さなホールで(キャパシティ100人)チケット2000円で
ソプラノ、チェロ・ピアノのチャリティコンサートに行って来たけれど
出演者は音大の教授と講師と若手のまあまあのピアニスト(女性)
お客の半数は演奏者の知り合い、友人、弟子、縁故関係者。

このような頼まれサロンコンサートを年15回程度やって、数年に一度は中ホールでの
自己主宰のリサイタルをやる。(それが生き甲斐)
続く・・・



179 :名無しの笛の踊り :2007/01/28(日) 21:35:49 ID:QQZ0N9dR
・・・続き
女性の場合は、旦那の稼ぎで食べられるから、皆、ギャラは演奏家を続けて行くための
必要経費程度に考えている。

どんなに根性があっても、持ち家が無くて練習室が無い人は草々に音楽家リタイア、
スーパーのアルバイトでクラシックは無理。
特に、男性の場合は「家の頭金は親父が出してくれた」・・・と言うのが無いとなかなか無理

ソリスト崩れのピアニストで伴奏ピアニスト・アンサンブルピアニストをしているのは多い。
(時にはソリストにもなる。)

このクラスでは、リサイタルの伴奏、一回で50万取る人もいる。
(リサイタルの当事者との合わせ 5時間×3回と本番)それに
(数十時間かけての、家での楽譜読みと練習代も含まれるからめちゃ高いと言う程ではない)
その後名古屋・大阪・京都…と演奏旅行になると、リサイタルと抱合せ…となり
一回20万程度に。   ↑
     これは超一流の伴奏ピアニストの場合。
続く・・・



180 :名無しの笛の踊り :2007/01/28(日) 21:36:36 ID:QQZ0N9dR
・・・続き
二流伴奏ピアニストになると、同じ条件で リサイタル20万程度、地方で10万程度、
このクラスは結構仕事もあるし、一生に一つくらいは家も買える。
超有名な演奏家のお気に入り…になればしめたもの、それが実積にもなって万々歳

一般学校の音楽教員…は音楽家ではない・・・と思う。
私は収入が今の3倍であっても音楽教員にはまるでなりたくない。
持ち家があるからなんとかなる。
演奏仲間達とわやわや言いながらリハーサルをして、出来たものをステージて演奏する
この緊張感と喜びは何ものにも代えがたい。
      長くてごめん、もしスレが止まってしまったら、多謝



181 :名無しの笛の踊り :2007/01/28(日) 22:06:20 ID:uh4gpBmC
第一線のソリストはもとより、
>>178-180みたいな話でさえ夢物語のプロ演奏家は多いんだろうな。



209 :名無しの笛の踊り :2007/01/30(火) 22:01:12 ID:EoWx8IuB
まー音楽なんて、なくても人間生きてゆける。

しかしクラシック音楽というものは趣味としては
大した金もかからない割には楽しめる趣味。

CD買ったら何度でも楽しめる。
競馬は勝っても、使ったらおしまいだもんね。

その趣味で金稼いで生活しよう…というわけだから難しいよ。



211 :名無しの笛の踊り :2007/01/31(水) 11:14:41 ID:NUQKkIx9
>>209
聞くだけなら金かからんけど、演奏するってなると金は馬鹿みたいにかかるよ。



212 :名無しの笛の踊り :2007/01/31(水) 12:00:47 ID:1Ft5Z3Bx
楽器にもよるでしょ

ピアノの宴会芸(スーパーマリオとか)趣味にするぐらいなら
金なんて何もかからんよ



250 :名無しの笛の踊り :2007/02/09(金) 10:50:52 ID:wAYbmA80
アメリカに限定すれば

一流サーカスのトランペッターはスタジオ・ミュージシャン並みの
時間給で、しかも長時間拘束。
組合がしっかりしているアメリカではだんとつの高級をとっているはず。



252 :名無しの笛の踊り :2007/02/09(金) 15:32:47 ID:g4VHNfCn
てか日本は優秀な人間(人的資源)には金は出さない国。
芸術だけじゃなくて。
スポーツも他はオリンピックの選手には金とったら億とかマラソン大会で破格の報酬だしたり。
日本は原則無報酬。
アメリカで大学教授はプール付きの豪邸に普通に住んでるし。
アメリカなんかだと優秀な人間にはとことん金を出す。
でも公務員とかアメリカは給料日本と比べかなり低い。
ていうか日本の公務員の給料の高さは世界的にみても異常。
公務員は年収ベースで3割~4割くらい減らして先進国平均くらいにして芸術とか優れた人に金だせばいいのにって思う。




254 :名無しの笛の踊り :2007/02/09(金) 18:53:11 ID:fPN9f13F
>>252
アメリカは民活方式だよね。
ドイツは旧ソビエトと同じく官営方式だから、それがぬるま湯にもなってしまっている。
西ベルリン響なんか、10億も貰ってたら(ロンドン響より予算多いんじゃないか?)
もう少しハイレベルな団体であっても良かったと思う。
だからリストラ騒ぎになってるのかも知れないが。



257 :名無しの笛の踊り :2007/02/10(土) 09:57:03 ID:OcAtYS3m
>>252
えっと・・・まあとりあえずアメリカ並みに行政を効率ダウンしカバーする範囲を狭くしていいんだったら。



259 :名無しの笛の踊り :2007/02/10(土) 10:09:56 ID:RGwTndAt
>>257
まずは、給料に見合った仕事をしてくれ。
海外と比較せずに、日本国内の民間企業並にな。
まあ、そんなことされたら、高値安定でお役所から仕事をもらっている会社は潰れまくりだけど。



282 :名無しの笛の踊り :2007/02/13(火) 12:50:42 ID:99EX9ohE
日本はまず自国の芸術や文化を保護(尊重)することから始めた方がいいんじゃない?



292 :名無しの笛の踊り :2007/02/13(火) 21:11:30 ID:2i7ZGFky
唯一の生きた「邦楽」が沖縄三線(三味線)の世界かな。



297 :名無しの笛の踊り :2007/02/13(火) 22:50:32 ID:IzRUFiAR
俺の場合、能楽はたくさん観たいんだが、ほとんどのものは5000円以上だから、おなじ金出すならクラにしておくかとなってしまうことが多い。

ヨーロッパのオペラみたいに、桟敷なら数百円でいいというくらいに助成してくれないかなあ・・・ まあ、オペラハウスと能楽堂ではキャパがまるで違うから、東京文化会館で開催、とかでもいい。



331 :名無しの笛の踊り :2007/02/16(金) 18:01:21 ID:GwzRNjPx
日本じゃ文化が育たないと言うのは前から言われていたこと



332 :名無しの笛の踊り :2007/02/16(金) 18:25:30 ID:B6Afx0T4
そんな事はない。
古くは和歌、短歌に始まり
コミック、アニメの現代迄、独自の文化が育っているじゃないか。




342 :名無しの笛の踊り :2007/02/17(土) 02:24:00 ID:VzOhLjp5
文化や芸術を維持することが必要じゃないかな?つまり支えようとする土壌があってもいいんじゃない?
じゃないとせっかく立派な文化や芸術があっても育たない。あるだけじゃ駄目なんだよ。
その点だけは欧米はいいと思う。



380 :名無しの笛の踊り :2007/02/20(火) 16:20:06 ID:l8qEYq70
早い話、スポンサーがつかないと、音楽家は食えない。
音楽家で年収が億の椰子っているのか?



381 :名無しの笛の踊り :2007/02/20(火) 16:37:09 ID:CQGvZo3R
中にはいるよ。
たとえば、放送にのる様な音楽(映画やドラマのサントラ)を書いてる作曲家は凄い儲かってる。
何かのテレビ番組でちょっと放送されるだけで何十万単位の金が入る。
放送印税を調べてもらえばわかるけど、演奏印税や楽譜を売った印税なんか足元にも及ばない位凄い。
アメリカでは、映画の音楽を書くと1本の契約金だけで1億をこえると聴いた事がある。
普通に作曲と指導だけで頑張ってる作曲家でも、年1千万位が限度だからそれを考えると凄いね。
久石とか坂本みたいなタイプだと、何もしなくても億いったりするだろう。
某駄洒落作曲家は1曲書いて2百万とからしいから、演奏家より、作曲家のほうがあたればでかいのかも。



382 :名無しの笛の踊り :2007/02/20(火) 19:13:44 ID:PHnq2Pgw
>某駄洒落作曲家は1曲書いて2百万とからしい

曲の規模にもよるよ。
小曲でも200万ならスゴイけど、オケなら妥当な金額とも思える
(仕上げるのに、最低3~6ヶ月はかかりそうだし・・・)



383 :名無しの笛の踊り :2007/02/20(火) 20:45:08 ID:l8qEYq70
やっぱり日本における音楽家の地位が低い限り給与は上がらんと思う。(クラシック聴いてますってだけで異物扱いだし)
芸術家=プーだった国じゃなぁ・・・・。今でも結局芸術家?はぁ?って感じだもん。
日本は芸術家や発明家、研究者にとって住みにくいことは確かなんだろうな。こういう現実をわかっている日本人はどれだけいるだろうか?



384 :名無しの笛の踊り :2007/02/20(火) 22:27:00 ID:CQGvZo3R
>>382
作曲家は基本的に3ヵ月位で仕事を仕上げるのね。
例外的に1年前位から委嘱されてる場合もあるけど、基本的には3ヵ月もあればオケでも室内楽でもかきあげられる。
ちなみに、200万といったのは10分程度のオケ曲。
室内楽なら、60~100位だときいた事がある。
普通の作曲家なら、オケで30~60万、室内楽なら10万位だからありえない額だね。
たまに、校歌1曲書くだけで100万円くれたりする事があるらしいけど、それは例外ね。



414 :名無しの笛の踊り :2007/02/24(土) 14:36:05 ID:7pQ3Cws6
日本は官営は無理じゃね?結局お金をホール建てることに使うだろ。
民営も無理。財界や大企業がほぼ理解がないから。
よって日本じゃクラシックで食えない。ま、自国の芸術・文化を保護できない国ってことでいいじゃまいか。



415 :名無しの笛の踊り :2007/02/26(月) 20:51:34 ID:znk1YAA4
まずは、クラシックを「高尚な芸術」から本来の「音楽」に取り戻すことから始めるべきだね。
能楽なんかと同じ棚の上に祭り上げられているのが不幸の始まり。
クラシック演奏者とそれ以外が互いに壁をつくっている限り、いつまで経っても普及なんてしないよ。



416 :名無しの笛の踊り :2007/02/26(月) 21:17:55 ID:AWManWP2
てか、音楽で喰っていくこと自体・・・



417 :名無しの笛の踊り :2007/02/27(火) 20:08:17 ID:LxT7I4Xm
>>416
それだったらスポーツで食うこともおかしいってことになるだろ。



425 :名無しの笛の踊り :2007/03/01(木) 00:23:34 ID:l13/BSaC
結局、宮本明子のいうとおり、日本人は人生の楽しみ方を知らない糞民族ってことだよ。
奴隷根性が染み付いちゃってるし、どうしようもないと思うね。
一生、人生の喜びを知らずに死んでいく日本人。
なんか哀しいね。



426 :名無しの笛の踊り :2007/03/01(木) 00:55:49 ID:P0D1/mmE
千住真理子さえヴァイオリンを捨てた理由をいじめだと言ってたね。



449 :名無しの笛の踊り :2007/03/03(土) 13:23:01 ID:vnbbjV8K
現実的な方法としては、ODA(政府開発援助)を全廃して、それを全部
日本人の生活向上、文化発展のために使うべきだな。だって日本人が
かせいだ金だもん。

シナなんか年間1兆円のODAを受けていてそれを国民にいっさい教えず
反日運動やってるんだもん。



450 :名無しの笛の踊り :2007/03/03(土) 13:43:40 ID:pIaNrOgm
>>449
結構、年齢いってそうだけれど、書いていることが幼いね。
ちゃんと、働いている?


451 :名無しの笛の踊り :2007/03/03(土) 14:39:22 ID:vnbbjV8K
>>450
「ODA全廃、日本人のために使え」は有名な評論家センセイがいっていること。



469 :名無しの笛の踊り :2007/03/04(日) 16:05:51 ID:CkG56G5y
 つーかクラッシックってそもそも日本の文化じゃないし…

 何で欧米の貴族階級や宗教音楽をターゲットOR基礎にして生まれた
 音楽を保護しなきゃならんのかいまいち歴史的に無理がある



470 :名無しの笛の踊り :2007/03/04(日) 16:30:09 ID:YL/nwtgU
>>469
クラシック以外の日本文化ですら日本は保護してないでしょ。
歌舞伎なんか松竹がやってるしw
浮世絵は言うまでもなく海外に流出してしまったし。
映画も公立大学でようやく映画学科かが出来たくらいだっけ?
アニメなんかカナダなんかNFBっていうのがあって国立で保護してるし。
カナダは実験アニメ、芸術アニメの分野では先進国。
日本はどうも商業的に成り立たないものには金は出さない。
あるいは商業的な物=低俗文化だから金は出さない。
のどちらかw



473 :名無しの笛の踊り :2007/03/04(日) 17:47:11 ID:M7gDX1jW
理系と文系 クラシックとポップスは似てる 後は人気で成功者は詐欺師でその他は害虫
しかし時代的にオタク的な存在が不要になりつつある 賢い奴は科学技術の発展にしか興味がなくなる現実
というか社会が厳しくなってきたから脱オタして金のことだけを考えようとする人間が増えた
とにかく拉致とか核とか格差とかどうでもいいから教育を改善 再教育を義務化 奴隷化を進める



476 :名無しの笛の踊り :2007/03/04(日) 21:22:20 ID:qSNRfKGq
>>473
そこで革命ですよ



後払い決済のネットプロテクションズ
スポンサーサイト

 
[ 2007/04/06 ] | @games | スレ紹介 | TB(-) | CM(0)


過去に紹介したスレ



コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。